Rainbow Serpentフェスティバル
(オーストラリア)

by Festribe

レインボーサーペント・フェスティバルは現代の「コロボリー」

レインボー・サーペントはオーストラリアの原住民、アボリジニーの神聖な秘密の儀式であるコロボリーを現代に蘇らせたフェスティバルだ。毎年オープニングはアボリジニの儀式で始まる。1997年の初回の開催では小規模なイベントだったが、最近では15,000人の国内外からの来場者を迎え、南半球で最大級の野外フェスティバルに成長した。

毎年夏のオーストラリア・デー(建国記念日、1月末の金曜日から月曜の夜まで)に開催されるこの4日間のイベントでは、エレクトロニック・ミュージック、アート、パフォーマンス、スピリチュアル・ディスカッション、リラクゼーション、ヒーリングなどの体験ができる。

ダンス、アート、デコレーション、音楽はもちろん素晴らしいだけでなく、主催者も参加者も助け合う姿がみられ、とてもいい雰囲気のパーティーだ。

Rainbow Serpent Festival 2019: A Retrospective Film (Official)

レインボー・サーペント・フェスティバルの開催地である、ビクトリア州西部の中心部Lextonはスマホの電波も届かないほどの人里離れた田舎町である。

1月はオーストラリアの真夏だが、気温差が凄まじく、昼間は40度近くなる時もあれば夜には10度ないということもある。日中の日差し、夜間の冷え込みはなかなかハードな環境だということを忘れずに準備しよう。


レインボー・サーペントとは

「レインボー・サーペント」は、アボリジニのDreamtime(ドリームタイム)の物語に由来している。アボリジニはオーストラリアの先住民族の総称でもともと700もの民族がいた(現在は激減)。ドリームタイムとは、アボリジニの神話だ。遥か昔のアボリジニの精霊による天地創造にまつわる物語の総称である。

ドリームタイムの物語はそれぞれの部族によって異なるが、アボリジニに共通する数少ない言い伝えの一つだ。レインボー・サーペント=虹の蛇は土地の守護者であり、すべての生命の源であると信じられている。レインボーサーペントの物語は、私たち自身の物語、旅、精神など、私たちの内なる自己を映し出すものだと言われている。

フェスティバルはジャジャ・ブルン族とワダブルン族の伝統的な地域で行われ、古くからの土地の所有者を重んじている。レインボー・サーペント・フェスティバルでは、イベント期間中、伝統的なアボリジニの儀式が行われ、オーストラリアの祖先の物語を語り、歌を歌う。また、アボリジニ・キャンプでは、伝統的なワークショップ、ヘリテージ・トーク、スモーキング・セレモニー、ヒーリング・セッションなど、さまざまな催しが行われる。

Photo By Simon Nguyen

様々な音楽性がミックスしたレインボー・サーぺント

20年以上前にサイケデリック・トランスのフェステイバルとしてスタートしたレインボー・サーペントは、多種多様なジャンルの素晴らしいアーティストを迎え、音楽を愛する人々が集う最高のパーティーに成長した。ステージは5つもあり、100人以上のDJ、バンド、プロデューサーが出演する。

メインステージは、特別なオープニングセレモニーで幕を開け、土曜日の夕暮れから日曜日の昼下がりまでの20時間、多彩なグルーヴとメロディーが繰り広げられる。

マーケット・ステージ(Market Stage)は、あらゆるジャンルのアーティストが参加し、金曜日の午後から月曜日の午後までノンストップで行われる、このイベントで最も語り継がれているステージの1つだ。

オーストラリアで最も才能あるプロデューサーやDJを紹介するサンセット・ステージ(Sunset Stage)は、メイン・ステージが開催されていない間、絶え間なくタイムテーブルが組まれている。

プレイグラウンド(The Playground)では、金曜日に世界を巡る旅、土曜日にはオールナイトのディープ・テック・ハウス・パーティー、日曜日には本格的なベースの演奏が行われ、3日間にわたって質の高いサウンドを楽しむことができる。

テンプル・ステージでは、「ガムの木」の間で癒しのサウンドを楽しむ居心地よい空間を提供している。


環境への配慮を大切にしたフェスティバル

Photo By Micah Dunshea

レインボーサーペントの文化は、自己、他者、土地を尊重することを象徴している。このフェスティバルは環境保護に力を入れており、毎年一貫してよりクリーンで環境に優しいイベントを目指している。

ドアを出た瞬間からイベントの最後の拍手が鳴るまで、レインボー・サーペント・フェスティバルでは、このイベントが環境へ悪影響を及ぼさないよう、来場者自身が行動できる仕組みを作っている。

イベントへの移動をとっても、フェスティバルの二酸化炭素排出量の70%に相当する。フェスの来場者が車の代わりに乗り合いバスを使えば、それだけ環境への負担が減る。そこでRainbow Serpentでは、ドア・ツー・ドアのバスサービスからシャトルバスなど、さまざまな交通手段を用意している。フェスティバルの期間中、ダンスフロアの清掃が定期的に行われるほか、残り物の食料や物資の寄付、堆肥化トイレ、色分けされたゴミ箱などが用意されている。再利用可能なレインボー・イニシアチブも最近導入され、再利用可能な食器やカップを使って食事から発生するゴミを減らすことを目的としている。

Rainbow Serpentフェスティバルの開催地

レインボー・サーペント・フェスの会場は以下の通り。

場所:2087/2107 Beaufort-Lexton Rd, Lexton VIC 3352 (オーストラリア、ビクトリア州)

レインボー・サーペント・フェスティバルは、オーストラリア、ビクトリア州西部の町レクストン(Lexton)で開催される。フェスティバルの会場は、メルボルンから西へ2時間弱の人里離れた場所だ。

ピレネー山脈のシャイア(Shire of Pyrenees)に位置するこのフェスティバルは、ジャジャ・ブルン(Dja Dja Wurrung)族とワダブルン(Wadawurrung)族の古くからの土地で開催される。このフェスティバルでは、彼らの祖先に敬意を表し、将来の世代のために彼ら先住民の土地の保全が重要だと考えている。

毎年夏の4日間、レインボーサーペントフェスティバルはこの土地をすっかり音楽と芸術の遊び場に変える。5つのステージや、アボリジニの伝統的な儀式やキャンプを紹介する「ザ・ビレッジ」、まさに市場である「ザ・バザール」は距離にして1キロも屋台が並ぶ。たくさんの美味しいフードやショッピングを楽しむことができる。

レインボー・サーペント・フェスティバルへの行き方 – 詳細はレインボー・サーペント・フェスティバルのページをご覧ください。


Rainbow Serpentフェスティバルギャラリー


Rainbow SerpentフェスティバルのFAQ

❓ レインボーサーペント・フェスティバルはどこで開催される?

オーストラリアのビクトリア州にあるレクストンという町で開催される。メルボルンから西に160kmほど離れた場所。

❓ Rainbow Serpentフェスの規模は?

20年以上前に小さなギャザリングとして始まったレインボー・サーペント・フェスティバルは、今では南半球でも最大級のイベントに成長し、毎年約15,000人のダンスピープルが国内外からの参加している。

❓ フェスティバルへの行き方は?

レインボー・サーペント・フェスティバルに車で行く場合は、マップに「Rainbow Serpent Festival」またはその住所を入力し、フェスティバルのチェックポイントに向かう標識に従えば割と簡単にたどり着ける。メルボルンからの所要時間は2時間弱で、到着時に各自車両パスを提示する必要あり。公共交通機関を利用してフェスティバルに行くには、V/Lineの鉄道でボーフォート駅(Beaufort Station)まで行き、そこから無料のシャトルバスでの送迎サービスがある。

フェスティバルでは、さまざまな代替交通手段が用意されている。メルボルンからは木曜日と金曜日にフェデレーション・スクエアを出発し、日曜日と月曜日の夕方と火曜日の朝にフェスティバル会場を出発するシャトルバスが運行される(事前予約が必要)。バナナバス・フェスティバル・トランスポート(Banana Bus Festival Transport)を利用して、直接送迎サービスを手配することも可能。レインボー・サーペント・フェスティバルへの行き方詳細はこちら

❓ レインボーサーペント・フェスティバルの開催期間は?

Rainbow Serpentフェスティバルは、1月末のオーストラリア・デー(建国記念日)週末の4日間に渡って開催されます。イベントは金曜日に始まり、月曜日に終了しますが、木曜日からキャンプ場に入り、火曜日には退場することができます。

❓ Rainbow Serpentフェスティバルではどんな施設がある?

フェスでは、公共交通機関を利用して到着した来場者が利用できるEnvironmental Walk-in Organised Camping Villageを提供している。このキャンプ村には、通常のキャンプ施設のほか、共同のサンシェード、ロッカー、充電ステーション、無料の水汲み場などが用意されている。またキッズスペースの近くには、ファミリー向けキャンプ場もあり、専用のトイレやシャワー、家族向けの共同スペースがあり、24時間365日のファミリークルーが常駐している。 またレインボーサーペント・フェスティバルには、Sleepy Hollowという贅沢なキャンプオプションがある。事前予約が必要で、ベルテントでの2~4人宿泊可能。ここではキャンプ場の基本的な必需品に加えて、電話やカメラの充電ステーション、専用駐車場、受付エリアがある。Sleepy Hollowに滞在する場合は、毎日の無料のフルーツと水が配られ、シャワーも利用できる。

おすすめ記事

X